ごあいさつ ライオンズクラブ国際協会
337複合地区ガバナー協議会
 議長 森口 孝行

ごあいさつ

 ライオンズクラブ国際協会337複合地区会員の皆様には、日頃よりご健勝にてライオニズムの高揚にご精進のことと、お慶び申し上げますと共に、複合地区の運営に際しまして、ご理解ご協力本当に有難うご座位ます。
 さて、今年1月より新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、奉仕活動はもとより、各準地区、複合地区の行事、及び年次大会、またシンガポールでの国際大会など、ほぼ全てが中止と成りました。
 その結果、Lジュンヨル・チョイ国際会長をはじめ、LCIF国際理事長Lグドラン・イングバトダー他、国際理事、国際役員の皆様は、もう1年継続と成り、来年度カナダ・モントリオールで行われる国際大会が、103回大会と成ります。
 また、「LCIFキャンペーン100:奉仕に力を」についても2022年末まで延長と成り、このキャンペーンにより獲得した資金は、皆様ご承知の通り主要事業で有ります新グローバル重点分野の視力保護、食料支援、環境保全、小児がん、糖尿病、それに現在も継続中の青少年育成、災害援助、人道奉仕などに全て使われています。
 今期、私は337複合地区ガバナー協議会議長として、5人のガバナーの皆様と意思疎通を図り、情報の共有を行い、かつ各準地区の会員の皆様に有用な情報を提供出来る様、誠心誠意努めて参ります。
 さらに、会員の皆様に奉仕の輪を広げて頂く為に、GATコーディネーターの皆様とも協力体制を築き、会員増強にも努めて参りたいと思います。
 今期1年間、会員皆様のご健勝、ご多幸、また各クラブのご発展を祈念申し上げ、私の挨拶と致します。 何卒、宜しくお願い申し上げます。

We Serve